稲庭山菜倶楽部イメージ
ショッピングカートお買い物
天然山菜
わらびわらび
しどけしどけ
あいこあいこ
山うど山うど
ふき竹の子(根曲がり竹)
みずみ ず
ふきふ き
ふきうるい(オオバギボウシ)
ふきタラの芽
ふきこしあぶら
ふき行者ニンニク
こごみこごみ
ふきのとうふきのとう


 天然山菜/わらび
わらび


販売時期の目安/5月15日〜6月10日

  販売休止中です

らびは誰もが知っている代表的な山菜です、多年生のシダ類で、土手や道路わき、草原、林の緑など、日当たりのいい場所によく生えます。
握り拳状の若芽を食べます。わらびは時間が経つとだんだん堅くなっていくので、なるべく早めに下処理をします。下処理はまず根の方の堅い部分を折るようにして除き、先端の胞子の付いている部分は、摘むようにして取り除きます。その後、水洗いをしてアク抜きをします。
取時期は5〜7月くらいまで。下からしごいて折るようにするとポキッと折れます。頭の部分が小さなゲンコツ状のものが採り頃です。


アクの抜き方
1.長さをそろえ切ります、切り口にアクまたは重曹をまぶします。

わらびのアク抜き
2.保存容器にわらびを入れ上にアクまたは重曹を掛けます。
わらびのアク抜き

3.沸騰したお湯を入れふたをして一晩おくとアクが抜けます、アクが抜けると水が黒くなりますのでその都度水を取り替えます。



わらびのアク抜き

右の写真は重曹を使ってアク抜きしたものです。

1.鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させます。
2.わらびの拳状のワタを切取り、わらびは鍋のサイズに合わせて切り、切り口に重曹をまぶしておきます。
3.沸騰したら鍋に重曹を入れ、次にわらびを入れます、わらびを入れるとお湯が冷まりますが、もう一度沸騰するのを待って沸騰したら火を止めます。
4.一晩おくとアクが抜けますので食べることが出来ます、お湯が冷めたらわらびを別の容器に移し水を張っておき冷蔵庫で保存します、アクが抜けると水が黒くなりますのでその都度水を取り替えます。

◎右の鍋は直径26cm高さ15cm位です
その鍋で約30gの重曹を使いました。

アク抜き
食べ方
おひたし、和え物・汁の具、茹でたのを叩いてご飯に掛けても美味しいです。
わらびのおひたし

 


稲庭山菜倶楽部
TEL:0183(43)2315/FAX:018(862)2669