稲庭山菜倶楽部イメージ
ショッピングカートお買い物
天然山菜
わらびわらび
しどけしどけ
あいこあいこ
山うど山うど
ふき竹の子(根曲がり竹)
みずみ ず
ふきふ き
ふきうるい(オオバギボウシ)
ふきタラの芽
ふきこしあぶら
ふき行者ニンニク
こごみこごみ
ふきのとうふきのとう


 天然山菜/山うど
山うど


販売時期の目安/5月10日〜5月25日

   販売休止中

どの大木という表現があるように、よく育つと2m以上にもなり茎も太いです。全国各地に自生する大型の多年草で、生えているところに近づくと特有の香りがします。谷川の崖などで、春になって雪が崩れ落ち土が現れると、そこに真っ先にみずみずしい若芽を出すのがウドです。根元のほうはガッシリしていてたくましく白いですが、土から出たところは鮮やかな濃い緑色をしています。
うどはそのくせがかなり強いものです、うど好きには、「これが本当のうど!」という感じで、天然物しか許せないでしょう。

取時期は5〜6月。採取場所は、林道脇、山菜道脇、斜面などです。うどのシーズン後半は、雪で毎年削られるような斜面の残雪が解けた所に、よく生え出しています。


うどのキンピラ
材料:うど(塩)、とうがらし、ゴマ油、醤油
◆作り方◆
1.うどをきれいに水洗いし、数分水にさらして、その後よく水を切ります。
2.水を切ったら2〜3Cm程の斜めに切り、とうがらしは細く切ります。
3.フライパンに火をかけ熱したら、少量の油をひき2の素材を炒めます。(途中、ゴマ油を少量振りかけます。)
4.3のフライパンに、味をみながら醤油を入れて味を整えます。

山うど

お勧めの食べ方

たき火やコンロで焼きます。

うど

お勧めの食べ方

こんがりと焼けたら、水で冷やして皮を剥いてみそ、マヨネーズなど付けて食べます。

うど
 

稲庭山菜倶楽部
TEL:0183(43)2315/FAX:018(862)2669