稲庭山菜倶楽部イメージ
ショッピングカートお買い物
天然山菜
わらびわらび
しどけしどけ
あいこあいこ
山うど山うど
ふき竹の子(根曲がり竹)
みずみ ず
ふきふ き
ふきうるい(オオバギボウシ)
ふきタラの芽
ふきこしあぶら
ふき行者ニンニク
こごみこごみ
ふきのとうふきのとう


 天然山菜/ねまがり竹
たけのこ


販売時期の目安/5月25日〜6月15日

   販売休止中

 


虫食いに付いて
竹の子に幼虫が入り込む場合が有ります、目視で確認出来る竹の子は排除しますが、皮を剥くまで見つからない場合が有りますので虫食いが有った場合はご容赦下さい。
なお時期により虫食いを見越して5%〜10%の竹の子を多めに発送させて頂いております。

採取時期や場所により太さや長さは変わりますのでご了承下さい。

ねまがり竹は本州の中部以北と北海道に分布します。高山や山野に生える常緑のササ類で、1000m前後の山地では山の斜面を埋め尽くすほどの大群落を作ることが多いです。
その地下茎から春に出る新芽が、ねまがり竹です。太さは2Cmほど、高さは1〜2mくらいまで伸び、節がたくさんあり、さやで包まれています。レタス約25枚分にも相当する豊富な食物繊維も含まれていることから、カロリーを気にする方や高血圧気味の方には最適です。
採取は6月前後が旬。早いものは5月頃から出始めるものもあります。地上から10〜15Cmくらい芽生えてきたのを手で折り採ります。上から見てもなかなか見つからないので、下から見上げるようにして、株の根元を見るようにするのがコツです。

お勧めの食べ方
1.生のねまがり竹を皮を剥かずに堅いところを切り落として、先の方に縦に切り込みを入れます。
2.焼き目が尽き、しんなりするまで焼きます。
3.食べる直前に皮を剥き、塩などをつけていただきます。他に味噌、醤油、マヨネーズなどでも良いでしょう。

ねまがり竹みそ汁
材料: ねまがり竹1kg、油揚げ2〜3枚、味噌
◆作り方◆
1.ねまがり竹の先端から根本まで薄く削ぎ、皮を剥きます。
2.ねまがり竹を適当な長さに切り(1本のままでも可)水から茹でます。
3.油揚げを適当に切り、味噌を入れて味をつけます。

たけのこ
 

稲庭山菜倶楽部
TEL:0183(43)2315/FAX:018(862)2669